小松だよ!全員集合!!

小松にほえろ! 掲示板

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

(管理者の承認待ち)

2018/05/06 (Sun) 10:37:49

この投稿は管理者の承認待ちです

(管理者の承認待ち)

2018/04/10 (Tue) 03:56:20

この投稿は管理者の承認待ちです

小松市の○○○ - 小松市厄所ツッコミ隊長

2016/08/02 (Tue) 07:04:19


 写真見てたけど、あれって合成写真だろうが。

 だって、白鳥の飛ぶ方向が、おかしいもんw

 日没近くなら、鴨池の方に飛ぶし、朝なら、鴨池の方から飛んでくる。

 なんで朝なのに、白山のほうから白鳥が飛んで来るんだ、ボケがよww

 タロマツすぎるわ、バカ認定。

Re: 小松市の○○○ - 俺様ですけど?

2016/08/02 (Tue) 07:16:45

勝利宣言!

世の中ナメ腐っている小松市厄所の連中 - 社会に隅っこで汗だくで働く小松市民K

2016/04/18 (Mon) 16:26:14

万引きの小松市職員を逮捕
Tweet
17日、小松市内のスーパーで食料品を万引きしたとして、小松市の職員の男が逮捕されました。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、小松市飛行場課の主幹・村上博紀容疑者54歳です。村上容疑者は、17日午後4時半過ぎ、小松市内のスーパーでにぎりずしやチューハイなど食料品5点およそ1500円相当を万引きした疑いが持たれています。村上容疑者の逮捕当時の所持金はおよそ1600円だったということです。警察では、数日前から「不審な動きをする客がいる」と店側から通報を受けて店内を警戒しており、調べに対し、村上容疑者は「お金を使うのがもったいなかった」と供述しています。

小松市人事育成課の浅井敏史課長は、「事実関係を十分に確認し厳正に対処したい」とコメントしています。
2016年04月18日(月)11:58

Re: 世の中ナメ腐っている小松市厄所の連中 - わかA

2016/05/02 (Mon) 22:30:50

夏冬賞与も税金からもらってるん?年功序列で毎年5000円UPと昇級で30年ならイクもらってってこのざま。

Re: 世の中ナメ腐っている小松市厄所の連中 - 白江町朝鮮籍キム

2016/04/26 (Tue) 07:35:19

小松市厄所、飛行場課職員万引きで逮捕!!!!

        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| 飛行場課_    ∧_∧   <  おらっ!出てこい
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |

Re: 世の中ナメ腐っている小松市厄所の連中 - アンチ和田&現市長を落選を願う会

2016/04/18 (Mon) 16:36:29


 うん、小松市職員グッドジョブ!

Re: 世の中ナメ腐っている小松市厄所の連中 - キム大生

2016/04/18 (Mon) 16:33:42


 小松市厄所お前らなめとんか!

Re: 世の中ナメ腐っている小松市厄所の連中 - 痴呆公務員撲滅審議会

2016/04/18 (Mon) 16:30:02


 胸くそが悪くて飯が食えないな。


 小松市職員っての万引きしないと飯が食えないほどの低賃金労働者なのかよ、あっ?

 責任者出てこいボケがよ!

 税金で腹いっぱい飯食ってタラタラ仕事しやがってクソボケがよ!

やる気なしなのは昔から。 - 真面目な一小松市民

2016/04/19 (Tue) 00:06:19

17日夕方、小松市の54歳の男性職員が、市内のスーパーマーケットで食料品を万引きしたとして窃盗の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは小松市飛行場課の主幹で小松市大川町に住む村上博紀容疑者(54)です。

警察によりますと、村上容疑者は17日午後4時40分ごろ、小松市のスーパーマーケットでおにぎりや缶チューハイなどの食料品5点約1500円分を万引きしたとして窃盗の疑いが持たれています。

村上容疑者は盗んだ商品を手に持ったままレジを通らずに店の外に出たところを警察官に見つかり、容疑を認めたことから、その場で逮捕されたということです。

村上容疑者は警察の調べに対して「金を使うのがもったいなかった」と供述しているということで、警察は余罪についても調べを進めています。

職員が逮捕されたことについて、小松市人事育成課の浅井敏史課長は「事実関係を十分に確認した上で厳正に対処致します」と話しています。

【日時】2016年4月18日 12:36
【ソース】NHK

Re: やる気なしなのは昔から。 - 白江町朝鮮籍キム

2016/04/26 (Tue) 07:34:55

小松市厄所、飛行場課職員万引きで逮捕!!!!

        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| 飛行場課_    ∧_∧   <  おらっ!出てこい
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |

Re: やる気なしなのは昔から。 - だめだこりゃ

2016/04/26 (Tue) 07:32:36


 小松市飛行場課

 小松基地の爆音対策とか補償、毎月の夜間訓練日の連絡とか、市として飛行を自粛師弟欲しい日の要望、日米小松基地共同訓練などの連絡窓口といったことを担当しているはずだ。

 

小松市職員、公用車で三国競艇に通っていたこともあったな。 - だめだこりゃ

2016/04/26 (Tue) 07:33:38

公用車「拝借」競艇へ 小松市の51歳課参事 休日、スペアキー使い 盗難届で発覚、諭旨退職
2002年03月19日(火)   北国新聞

小松市役所の課参事(51)が日曜日の今月三日、無断で公用車を乗り回し、小松署に窃盗容疑で任意同行を求められ、十八日までに諭旨退職していたことが分かった。課参事はスペアキーを使って公用車を運転し、福井県内の競艇場へ遊びに行っていた。同市は懲戒審査委員会の準備を進めていたが、委員会開催前に課参事が退職願を提出したため、諭旨退職の形を取った。
[匿名さん]

警察署 署長以上管理職は、一人年間数100万円の裏金を懐に入れている。埼玉県警は? - 警察の裏金問題 URL

2016/04/09 (Sat) 23:25:34


署長以上管理職は、一人年間数100万円の裏金を懐に入れている。
5年前告発した当時は、年間全国で400億円の裏金が幹部に。もちろん全部税金。

3月の異動時期に持っていくの、800万ですよ。
現金で、署長が持っていくんですから。裏金の残った分を。
国家予算県の予算もトータルして裏金言いますけど、副署長が持ってます。

その800万はと、署長も全部自分の懐にはいらず、上納する。
3月の異動で栄転していただいたお礼を本部長やNO2の刑事部長に札束を渡すんだとこういうわけですよ。


埼玉県警は?


▽加須警察署 副署長(生安特捜隊長)岩谷敬三

▽久喜警察署 副署長(組対課主席調査官兼次席)矢島金男
▽東入間警察署 副署長(公安3課調査官)國分善幸
▽東松山警察署 副署長(運転管理課主席調査官)三井田哲也
▽川越警察署 副署長(捜査3課主席調査官兼次席)小菅誠
▽大宮警察署 副署長(関東管区警察局)山並俊彦
▽大宮西警察署 副署長(交通安全対策推進室長)近藤峰彦
▽蕨警察署 副署長(警察庁)山本恭茂
▽川口警察署 副署長(警務課総括調査官兼次席)中川広康
▽朝霞警察署 副署長(保安課主席調査官兼次席)浅見敏
▽草加警察署 副署長(情報管理課同兼次席)小林和也
▽上尾警察署 副署長(警務課主席調査官)三浦孝一
▽狭山警察署 副署長(捜査1課調査官)鈴木春美
▽飯能警察署 副署長(航空隊長)町田裕史
▽小川警察署 副署長(公安1課調査官)松成尚樹
▽寄居警察署 副署長(保安課同)藤多和歌一
▽羽生警察署 副署長(捜査1課同)井野信二
▽春日部警察署 副署長(広報課主席調査官兼次席)新井和夫

▽浦和警察署 署長(東北管区警察学校長)斎藤文彦
▽川越警察署 署長(近畿管区警察局情報通信部通信庶務課長)遊馬宏志
▽浦和東警察署 署長(外事課長)田中秀樹
▽浦和西警察署 署長(警務部理事官兼監察官)大森文夫
▽大宮東警察署 署長(自ら隊長)濱近拓弘
▽武南警察署 署長(刑事部理事官兼組対課長)近藤勝彦
▽東入間警察署 署長(薬物銃器対策課長)野口春樹
▽所沢警察署 署長(総務部理事官兼総務課長)関口啓一
▽西入間警察署 署長(地域部同兼通信指令課長)大熊衛
▽秩父警察署 署長(生活経済課長)齋藤保
▽本庄警察署 署長(交通捜査課長)熊谷嘉弘
▽児玉警察署 署長(高速隊長)結城弘
▽熊谷警察署 署長(生安部理事官兼生安企画課長)伊古田晴正
▽深谷警察署 署長(危機管理課長)相原浩哉
▽加須警察署 署長(捜査4課長)安達英明
▽岩槻警察署 署長(保安課長)安藤茂
▽久喜警察署 署長(監察官)岩崎茂
▽杉戸警察署 署長(交通指導課長)風上正樹
▽吉川警察署 署長(生安部理事官兼子ども女性安全対策課長)坪信孝
▽蕨警察署 署長(警務部理事官兼監察官兼4方面副本部長)会田隆
▽上尾警察署 署長(警備部理事官兼警備課長)富岡洋
▽小鹿野警察署 署長(公安2課長)寺山卓也


「警察の裏金問題」 仙波敏郎
https://www.youtube.com/watch?v=AlsJX79Kcvo
http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-e111.html
http://policeofficer.seesaa.net/article/435245206.html
http://policeofficer.seesaa.net/article/434766791.html
http://policeofficer.seesaa.net/article/433885498.html

埼玉県警 不祥事: 埼玉県警察学校の元校長が 前任者ら3人(警察学校長 副校長)を 業務上横領 で刑事告発 
埼玉県警察学校 校長 O 副校長 I 埼玉県警察学校校友会 副会長 U が着服・業務上横領
http://ameblo.jp/saitamaamebablog/

警察署 署長以上管理職は、一人年間数100万円の裏金を懐に入れている。埼玉県警は?

http://blog.livedoor.jp/saitamajinji/

小松市議への政務活動費増額に対する俺の反対意見。 - 通りすがりの小松市民

2016/03/13 (Sun) 03:26:12

2016/03/13 (Sun) 03:24:32
小松市議会より「議会議員の政務活動費の増額」について要望があって小松市当局が市民の声を聞くということでした。

日本中で政務活動費の使途をめぐる横領事件が相次いでいます。こんな状況で小松市議はそういうことをするわけがない、ということなど誰も保証できません。


かつて小松市議が嫁さん同伴で海外視察旅行に行ったとき、嫁の旅費を経費、つまり我々の血税を使っていました。

私の感覚なら、嫁同伴でもそこは当然自腹、市民からツッコミが入る、不要な批判が起きると思うし、嫁はただの小市民であり、勘違いしてると思われるのも嫌だという自尊心が働きますがね。

小松市議には社会の空気を読めない、なにか勘違いした、公私混同の区別も適当な、曖昧な感覚をもった人がいるのは間違いない。

地方中小企業の社長、専務クラスの高給を受け取っている小松市議員が嫁さんの旅費まで税金でまかなう感覚・・・どこかの町内会役員が町費でコンパニオン付きの温泉旅行に行く感覚と同じなんだろうと思います。

町内会役員の場合は、休日返上の完全ボランティア、誰もやりたがらないババ抜きのような公民館役員とかを無理して我慢して一年間やったということに対する慰労会という側面があるし、住民も面倒くさい役員をやらせていることを自覚しているから予算の使い方で一々厳しいことは言わない雰囲気がある。

今時の若い世代はアホらしくて町内会役員などしたくないという感じになりつつあるが、だらしない公務員とか市議を見て、「アイツらはそれなりの給料もらって地域活動とか言ってるが、俺たちは残業で疲れ果てての休日に、町内会役員として町内運動会行事やら清掃奉仕やらされて面倒くさい自己犠牲ボランティアで何のメリットもない」


こういう地域社会へのボランティア精神が枯渇していく小松市の世相で、

一方で小松市議は選挙で「小松市のために、地元のために誠心誠意働きます」というような美辞麗句を並べて「私に一票をお願いします」と演説して当選し市議になっているが、


当選して二期目以上となると「政務活動費が安くてやってられんから、増額をしてくれ」という有様。

 市議がそういう体たらくだから、「町内会役員をするなら月一万円、年間12万円の報奨金くれ」と言い出す小松市民が増えても文句は言えない。
町内会清掃も少子高齢化で誰もやらなくなる、若者の町内会での負担が増えていって誰も町内会とか地域社会と関わろうとしなくなる、活力を失って老人ばかりの2025年の小松市は果たしてどんな町が広がっているのだろうか?


借金720億円ほど抱えた慢性的赤字自治体の小松市の市議会議員は借金を減らすのは自分たちでなく小松市の財務課あたりの仕事と思っているのだろうか。
小松市議と言っても経歴を見れば経済は頓珍漢、財務諸表も見れないようなレベルの人たちが多そうだから、金勘定のことは範疇外と本当に思っているのかもしれない。


家のローンや子供の将来の学費の心配は嫁に任せて、旦那は毎月小遣い8万円に上げろと言うバカな小松市民はあまりいないだろう。


どういう金銭感覚なのか知らないが、借金をせめて今の半分に減らしてから政務活動費を上げろとか言うのが筋だろう。




毎日、冷や飯を食っている私のような小市民から見ると、小松市議ってのは腹いっぱい暖かい銀シャリを食っていながら、本当に小松市のために滅私奉公して、予算がないなら私財を投げ打って貧乏も辞さないぐらいの強い気概や郷土愛、死ぬ気でやる覚悟があるのか甚だ疑問に感じるだけです。






   敬具

Re: 小松市議への政務活動費増額に対する俺の反対意見。 - hisasi

2016/03/13 (Sun) 23:29:21


 小松市議議員の待遇に不満があるなら、



  辞職してもらって結構。

Re: 小松市議への政務活動費増額に対する俺の反対意見。 - たつよし

2016/03/13 (Sun) 03:30:14


 政務活動費が安くて困っているなら市議を辞めるべきだ。

 別にアンタらに市議をしてもらなければならないと困るわけじゃない。

政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - 小松市民

2016/02/27 (Sat) 13:23:48

北海道新聞 2月27日(土)11時0分配信

「不適切」認めつつも詳細説明せず
 自民党の前田一男衆院議員(比例北海道ブロック)の政治団体「前翔会」が政治活動費から、有名歌手のコンサートチケットの代金1万6450円を支出していたことが、2014年政治資金収支報告書に添付されていた領収書を北海道新聞が総務省に開示請求して分かった。前翔会は本紙の指摘を受け、26日までに収支報告書を訂正し、この支出を削除した。

 添付された領収書によるとコンサートは14年5月に函館市で開かれた。前翔会の会計責任者は本紙の取材に対し「不適切な処理だった」と回答。チケット代金は2人分とみられるが、誰がコンサートに行ったのかや政治活動費に計上した理由など詳しい説明は拒んだ。

 前翔会はこのほか、14年報告書に百貨店で購入した商品券代5万円を政治活動費として記載。これも本紙の指摘後、「不適切な処理」として支出を訂正した。
 政治資金規正法に政治活動の明確な定義はない。総務省は「収支報告書について、書式や添付書類などの形式的な審査はしているが、支出内容が適正かどうかまで踏み込んだ判断はしていない」(政治資金課)という。

 政治活動に関連の薄い支出が問題になった例としては、10年に荒井聡国家戦略担当相(当時)の政治団体が事務所経費から漫画本や衣類などを購入し、仙谷由人官房長官(当時)から厳重注意を受けている。

北海道新聞

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - ゲッツ!

2016/03/11 (Fri) 06:16:57

ここ最近話題の、自治体が地方議員に支給する政務活動費について、独自に調べた結果が一面を飾っていました。鳥取以外の全ての都道府県が、1万円以下の支出には領収書添付義務が無いという恐ろしい結果でした。

政治活動に使ってね♪という名目で地方議員に前払いで渡される政務活動費。最も多いのが東京都で1人に年間720万円!最も少ないのが徳島県で240万円です。鳥取県は300万円ね。

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - ゲッツ!

2016/03/11 (Fri) 06:14:38

おあらあああっ!!!!

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - ゲッツ!

2016/03/11 (Fri) 06:13:25

【画像】政務活動費でまた不正、徳島県議 児島勝議員が領収書偽造

公開日: 2014/10/03 : 最終更新日:2014/10/04 事件, 話題 事件, 動画, 政治家, 画像, 話題
徳島県議会の自民党議員が、政務活動費の領収書の金額などを書き換えて偽造していたことがJNNの取材でわかりました。

これは、おととし、政務活動費として報告された38万円の領収書。そして、こちらは、去年、報告された88万円の領収書です。字の太さは違いますが、名前や筆跡、似ている部分が目立ちます。

「3は8に直しやすい。それ以外のとこは直しにくいので、そのまま」(市民オンブズマンとくしま 大久保初子副代表)

領収書を重ねてみると、数字が重なる部分も多くあるのがわかります。この領収書を提出していたのは、徳島県議会で自民党に所属する児島勝議員。内容は阿南市内のホテルで300人を集めた県政報告会の費用でした。2日正午過ぎ、JNNの取材に対して児島議員は・・・。

Q.内容に間違いない?
「間違いないです」(児島勝議員)
Q.ホテルの方で領収書の写しがなかったが?
「それは知りません。それはホテルの方のあれだから、我々がタッチするところではない」(児島勝議員)

しかし夕方、再び事実を確認すると、児島議員は、「事務員が去年の領収書を紛失し、おととしの領収書をコピーして書き換えた」と偽造を認めました。今後、政務活動費を精査して不適切な支出は返還するとしています。(02日23:23)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2313712.html

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - 上小松の帰化チョン

2016/03/11 (Fri) 06:11:35

東大阪市、自民党東大阪市議団が政務活動費で作成したとされるチラシに「実態がない疑いがある」として、会計責任者の樽本丞史市議を詐欺容疑でなどで刑事告訴。

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - 上小松の帰化チョン

2016/03/11 (Fri) 06:09:51

政務活動費の不適切な支出が問題となっている大阪維新の会・小林由佳堺市議。
過去4年の政務活動費の97%が不適切と指摘され、1千万円以上にのぼる返還の期限が迫るがいまだ返還せず。
議会は今後、百条委員会の設置も視野に入れ追求する姿勢。

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - チョン

2016/03/11 (Fri) 06:07:40

どうよ?

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - 朝鮮人

2016/03/02 (Wed) 04:28:09


 小松市儀にはレクサスを支給してやれよ。

 それから毎月100万円の領収書不要の経費もな。

 どうせ借金1300億円の破綻財政、職員はボーナス100万もらって放漫財政難だ、ぶっ潰れるまでジャブジャブ税金使って借金しまくれや、なっ、小松市よwww

Re: 政務活動費って交際費みたいな使い方もできるんだなw - 豚杉

2016/02/27 (Sat) 13:25:02

仕事上で使うお小遣いだよ、キミ。







文句あるんか?あっ?

どうなんですかね? - 小松市民

2016/02/14 (Sun) 06:34:29

小松市議会より「議会議員の政務活動費の増額」について要望がありました。
このことについて、市民の皆様のご意見を伺いたく、市民意見を募集いたします。

募集期間
 平成28年2月1日(月曜日)~平成28年2月15日(月曜日)

Re: どうなんですかね? - タツヨシ

2016/02/14 (Sun) 07:02:20


 たつよし、頑張れ!!!

Re: どうなんですかね? - 週間 王見イ犬

2016/02/14 (Sun) 06:53:00


政治家はお金がない。

 だから献金に頼らざるを得ないんだな。


 年間500万円ぐらいのはした金じゃ、やっぱり大政治家になれんと思う。

 小松市議会に毎月100万円ぐらいポンと渡せ。腐るほど借金してるんだ、そのぐらいいいだろうが!!

Re: どうなんですかね? - ニュー・潮

2016/02/14 (Sun) 06:48:38


 政治家は金が要るんだ!!

 
 小松市議会が毎月10万円欲しいなら、30万円ぐらい自由に使えるお金を融通してやれよ。


 政治家は激務、大変、そしてお金がいるんだ!!
 
 優秀な政治家はお金がないと育たない。

 

Re: どうなんですかね? - センテンス・スプリング

2016/02/14 (Sun) 06:45:38

政務活動費

 毎月50万ぐらい小松市儀に渡してやれよ。

  
 ジャンジャンバリバリ金がいるんだから欲しいだけやれよ。

Re: どうなんですかね? - 駅前シネマの御園

2016/02/14 (Sun) 06:39:44


 小松市の市議会議員も育児休暇を欲しいとかいわないのか?

 

Re: どうなんですかね? - 野村

2016/02/14 (Sun) 06:37:29


 借金1200億円の赤字自治体の政治家が何をホザてるんじゃ?あっ?

 民間は会社が倒産しかかっているときに経営者も幹部も営業も必死で仕事しているが、小松市議は経費をもっと寄越せというww

 感覚を疑うわ、和田市長は過去に倒産しかかって小松市が債務保証したコマツの部長を本当にしてたのかよw

タダでは汗をかかない人たち - 在郷兄ちゃん

2016/02/13 (Sat) 08:12:19

 「市から補助金をもらえるようになった」(陳情の成果?)

 「これだけの活動をして自分たちの持ち出しではあわないですからね」
 
 ある集会の挨拶でこんなような言葉を聴いてドン引きした。


  地域のためとか崇高な思いで始めた活動がいつの間にか、小松市のためにしてやっているという慢心に変わり果てて、さらには自分たちの名前や顔を知らしめるような自己満足な行動になっているような気がしたな。



 まあ次世代はこんな親、祖父見て育つから、昔は当たり前だった家の前の道路の除雪もやらなくなるし、町内会の清掃も出てこなくなるだろうさ。

  結局、ある地域の衰退ってのは、その地域の住民の民度が堕落していって誰もが自分の家の周りの掃除、隣近所への挨拶すらしなくなって、町内会活動も終わっているところが多いような気がする。

 小松市自慢のお旅まつりなんて、結局、誰もやらないから人手を募集しなければならない時代。

 助成金、補助金、かねかねかねか、全部お金がないとやる気のない民度の街になっているような気がする。

  祖母の世代は道を歩いていてゴミが落ちていれば黙って拾っていたし、昭和の小松市ではそういう光景が当たり前だった。

 残念。
  

Re: タダでは汗をかかない人たち - おかま

2016/02/14 (Sun) 01:35:36



 ダメよ~ダメダメ~

Re: タダでは汗をかかない人たち - 朝鮮人

2016/02/14 (Sun) 01:34:51

謝罪ニダァアアッ!!!

Re: タダでは汗をかかない人たち - ブヒ

2016/02/14 (Sun) 01:33:53

貴方が勝手にやっていること。

おかしくね? - 全共斗

2016/02/13 (Sat) 07:58:01

1. 歯舞島・・・はぼ?えっと読めない。担当大臣。

2. 政務活動費を毎月10万円ほどにしてくれんと仕事にならん。小松市儀

3, 育児休暇をとって家庭生活に専念したい・・・国会議員。


 以上は全部、日本の政治家の発言。


  全身全霊をかけて、寸暇を惜しんで使命として命懸けで地元、地域のために汗をかくのかと思わせて、当選したらこの体たらく。

 お前らは単に、自分が注目されることが生き甲斐なだけで、政治家になるのはそのための手段、さらさら勉強とかをやる気ないのはよく分かる。

 

Re: おかしくね? - 勘定峠の茶屋店主

2016/02/13 (Sat) 08:04:38


 町内会の清掃も、公民館活動も、役員と町民に日当を払わないと誰も集まらなくなりますなw

 ど

Re: おかしくね? - たつよし

2016/02/13 (Sat) 08:02:29

 月給40万円程もらっている小松市儀が、さらに自由に使える経費を毎月2万円上乗せして約9万円ほどにしてくれだと。

 「小松愛を持つことは大事だ」「郷土愛を育むべきではないのか!」

 まさか小松市長と同調してこんなこと言い出さないか心配だが、
 自己研鑽を税金使ってやりたいとか言うのはお前ら公務員だけだわなw

 小松市儀なら当然、小松市史をぜんぶ頭に叩き込んで、小松飛行場の歴史や騒音問題から、九谷焼のこと、粟津温泉のことも熱く語れて当然だが、まさか知らないから税金で勉強させてくれとか寝言を言うてるんじゃないわな?あっ?
 
 チャンチャラ糞おかしいぜボケがよ。

Re: おかしくね? - 厄所の妬人

2016/02/13 (Sat) 08:00:48


 滅私奉公、世のため人のため、皆様のために汗をかきます、がんばります!私に任せてください!
 この世の中を~あっ~!!!この世の中を変えたくて~あっ~

 政務活動費をあと2万増やして~あ~欲しいんです~

 

沖縄だけが戦争の悲劇の地じゃないぞ。 - アル中

2015/07/07 (Tue) 12:22:36

 最近、テレビやマスコミで沖縄から呼ばれた首長や有識者が「また沖縄を捨石にするのか」「戦争が始まったら沖縄が真っ先に狙われる」「戦時中は沖縄県民が本土のために犠牲となった」

 色々感情的に話していました。

 同じ日本でも見方、価値観、受け止め方には地域で180度ぐらい違うんだなぁと思いました。


 広島や長崎の人は、原爆投下で戦後もずっと病魔に犯され苦しんだ歴史がありますし、東京や大阪、富山に福井など日本中のほとんどの都市は大空襲を受けて戦争孤児は12万人ほどいました。

 戦艦大和も沖縄のために特攻に行ったし、沖縄に派遣された数万万人の若い日本兵が沖縄守備のために戦ったし、3千人ほどの若者が特攻隊で沖縄に向かった。

 わが地元、小松基地からも沖縄に向かって攻撃708飛行隊が人間爆弾の桜花を積み込んで撃墜覚悟で沖縄に向かって270人ほどが戦死した。

 戦争の被害を沖縄が一番過酷で沖縄県民が日本人で一番悲しい思いをしたかのような言い方に私は賛同できませんし、沖縄以外の都道府県を本土と呼ぶのにも聞いていて違和感を覚えます。

 先の戦争で沖縄救出のために戦死した遺族が日本中にたくさんいることにも思いを馳せるべだし、

 今、戦争が起きれば日本海を防衛する小松基地と千歳基地にはミサイルが雨のように飛んでくると私は思っているし、一方、在日米軍のいる沖縄はアメリカが鉄壁の防御をすると思います。
 
 いち小松市民として、テレビで色々と発言している沖縄県の有識者や政治家の発言は、時々しっくりとしないものを感じるのです。

 私が沖縄県に気の毒だと思うのは、戦後もアメリカの支配下に置かれ日本国民としての主権を得るのが遅れたこと、そこだけであり、戦時中の話には沖縄の悲劇は数多くあった一般市民の悲劇の一つに過ぎないと思っています。

 石川県民なら終戦後に満州開拓団の石川県民が暴徒と化した中国人の襲撃を恐れて村に火を放って集団自決をしたことは忘れてはいけないこと。 

 戦争が終わっているのに、満州の日本人は保護されずに現地民に襲われ凄惨な思いをして引き上げてきたという闇に葬られている歴史がたくさんあるようです。

 福岡には引き上げ途中にレイプされ妊娠した女性の子供を堕胎する施設がありましたが、中国人や朝鮮人は一方的被害者じゃない。

  人間の罪悪と業がむき出しになる戦争を起こさないためにも、世界の国と友好関係築いてきたのも戦後の日本。

 

Re: 沖縄だけが戦争の悲劇の地じゃないぞ。 - 痴呆公務員撲滅審議会

2015/08/30 (Sun) 08:08:49


 小松市の公務員って、街づくりとか政策とか社会教育の看板を上げて音頭とっているのは、

 それで飯を食っているから。

 個人個人は小松市のことを何も知らないし、子供歌舞伎ぐらいは知らないと恥ずかしいから少しだけ知っているのが実際だろう。

  
 

小松市民のほとんどは、小松市は戦争とは無縁と思っている - 在郷おやじ

2015/08/11 (Tue) 13:27:41

戦時中、小松市に爆撃がなかったせいか小松市は戦争と無縁だったと思っている小松市民が多い。
8月には富山県や福井県の大空襲があったが小松は上空をB29の偵察機が7回ほど飛んだだけだった。

映画やドラマでは鹿児島県の知覧基地を舞台にした特攻隊の物語が多いし、知覧特攻記念館のような観光施設もあるので「特攻=知覧」のイメージがある。

しかしながら、知覧基地ってのは全国の陸軍基地から特攻に選ばれた陸軍パイロットが集結する基地であり、日本最大の特攻基地はいまの海上自衛隊の基地である海軍の鹿屋基地である。

当時日本中の基地に特攻隊となった飛行隊が展開していて、特攻を命ぜられたパイロットが海軍鹿屋基地や陸軍の知覧基地に集結して出撃していった。

小松市にも滑走路が完成したばかりの小松基地に神雷部隊の攻撃708飛行隊隊が展開し、隊員は串町や安宅町の寺や民家、小学校で下宿していた。

日本軍の大規模な特攻作戦、全10回ののうち、第二回から最後の戦艦大和まで出撃させた「菊水作戦」までの計9回を小松基地の攻撃708飛行隊が招集され出撃して行った。

串町は多くの特攻隊パイロットが下宿していて串町青年団と交流をし、栃木出身のパイロットが「日光和楽踊り」を替え歌にして振り付けをした「串町音頭」を考えて町民と一緒に踊った実話も残る。

いつ特攻出撃の命令が下るか分からない日々、つかの間の時間を過ごした若者たちが小松にいた。

その「串町音頭」は戦後も当時を知る世代が踊り伝えたが、今は踊られることもなく、時代の流れの中で忘れ去られていっている。

まるで特攻隊の映画やドラマのような逸話が小松市には残されている。


戦後、生き残った神雷特攻隊員たちは、仲間を見送った最期の地、小松を特別な場所とし、粟津温泉で同期の会を行ったし、50周忌も小松市の光玄寺で行った。

残念なのが、小松市のこういう史実を新聞社は何度か記事として特集を書いてきたが、ほとんどの市民は小松市の特攻隊を知らず、議員や教員関係者までもが冊子の所感やブログなどに「研修で知覧基地に行きました。多くの若者が命を散らした特攻に涙せずにはいられなかった。戦争は絶対に起こしてはいけない。」というよくある小学生の感想文程度の認識ですませている感じがして、「なんだかんだと、行政関係者はあまり小松の郷土史には興味がないんだろう」、と思ったし、郷土について何も知らないのに、小松愛とかのアイデンティティなど持てるのかよ、と思った次第。

Re: 沖縄だけが戦争の悲劇の地じゃないぞ。 - たつよし

2015/08/01 (Sat) 13:09:28

アメリカの原爆投下、無差別大爆撃を非難する人もいるが、日本軍もそういう選択肢があればたぶん、そういう攻撃をしていたはず。

日本軍は重慶爆撃、オーストラリアにも空爆している。


痛い目にあって2度と戦争はしない、という日本民族のアイデンティティを得たから、戦争は無駄でなかったと思う。

今の小松市政にしっくりこない点 - わかすぎ

2015/08/08 (Sat) 05:23:22

一言。

小松市長以下、行政当局は「歌舞伎の町」として小松市をアピールしている。

(※他にも「乗り物のまち」「フローラルこまつ」「環境王国こまつ」などあって整合性のなさとかのツッコミどころ満載なのですがここでは触れない。)

それは旧小松町としてのアイデンティティであって、小松市にはもっと多様なアイデンティティがある。
北前船で栄えた安宅町、白山信仰の歴史のある那谷町、平家の落人の里である旧新丸村、
九谷焼再興の地、若杉、鉱山街だった尾小屋などなど。

今でも市民の多くは小松駅前に行くとき「小松に行く」「町に行く」と言うが、
これこそ小松市のアイデンティティの多様性を物語る。
「歌舞伎の町こまつ」として行政が旧小松町のアイデンティティで小松市政を進めている
ようにも感じるが、小松市の多様性を知って再認識することは大事と思います。

私の住んでいる町の人たちはお旅まつりとか子供歌舞伎は、小松市民のイベントでなくて、芦城校下や稚小校下のイベントという認識で見ているし、歌舞伎という言葉にアイデンティティを感じていない市民も間違いなくいると思う。
一方で、建機のコマツや小松基地には「小松市の自慢」として共感している市民は多いと思う。

自分の住んでいる町の歴史や文化を知り、大切に思う気持ちは大事。
小松市史のような歴史本を読んでも、つまり活字から小松愛など芽生えるとは思えないし、
このHPで楽しく小松について知る機会を提供できればと思っています。

Re: 今の小松市政にしっくりこない点 - 金沢大学卒

2015/08/10 (Mon) 05:00:47

明峰から金沢大学に現役合格しましたがなにか?

Re: 今の小松市政にしっくりこない点 - おかま

2015/08/10 (Mon) 04:50:19

ダメよ~ダメダメ

Re: 今の小松市政にしっくりこない点 - 朝鮮人

2015/08/10 (Mon) 04:49:35

謝罪ニダァアア!!!

Re: 今の小松市政にしっくりこない点 - ブヒ

2015/08/09 (Sun) 06:27:29

市役所の批判はやめてくださいね~

小松空港周辺にひまわり畑などの花園を - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:25:12

小松空港に飛行機を撮影しに行ったり、航空写真家の写真集を見るようになって思ったのは、飛行機と飛行場の魅力は、全国区になるということ。

 よほどの歌舞伎好きとか九谷焼大好きな若者や家族じゃないと、なかなか小松市に行こうという気になることはないが、飛行場と飛行機は全国で観光やドライブやツーリング、デートコースとなっているようである。

 飛行場と飛行機をテーマにしたプロの写真家の作品を見ていると、高松空港や熊本空港、富山空港、松本空港などの地方空港が多く、作品に菜の花畑や立山連峰や九州の雄大な山々、ひまわりばたけとそこに降りてくる飛行機と言う情緒的な風景写真が多い。


 小松空港周辺で飛行機が着陸するような作品は見たことがないし、つまり、小松空港周辺の景観が被写体になっていないことと、小松基地の武骨なイメージが小松空港周辺を爆音の酷い田舎ぐらいの安っぽいイメージになっているような気がする。


 小松空港周辺で飛行機を撮影していて思ったのは、春は桜満開、菜の花畑やマーガレット畑、夏はひまわり畑で、秋はコスモス、冬は雪原という空間があってそこに飛行機の離着陸が見学できるスポットがあったら、

 カメラを持って写真を撮りに多くの人が集まると思いました。


 滑走路終点付近の国有地や休耕田を活用して、小松市の政策である「フローラルこまつ」の一環としてそういう四季の花が楽しめる花園空間があればいいと思いました。

 ひまわりは、種が食用としてロシアでは重宝がられており、日本では、ひまわりは堆肥として、秋になるとトラクターで踏み潰して土に埋めるらしいです。

 ロシア人はひまわりをピーナッツのようにして食べるし、ひまわりの種はビタミンが多くて健康にもいいらしい。

 収穫したひまわりの種は空の駅で売って、鳥の餌にしたり、ビールのつまみに食べるとか収益になり得るし、小松市営大倉スキー場では秋にコスモス祭りをやっていますが、小松空港周辺でもコスモス祭りをして「空の日」と小松基地航空祭に彩を添えるようなこともあるほうが小松空港のイメージアップになると思います。


 夏休みに親子で小松空港周辺のひまわり畑の迷路に遊びに来たり、上空から降りてくる飛行機の風圧を感じたり、航空プラザや展望デッキを楽しんだり、結構楽しめると思います。

 「環境王国こまつ」「乗り物のまちこまつ」「フローラルこまつ」といった一連の小松市の政策と整合性のとれた空間となるし、小松基地爆音で立ち退いて国有地となっている遊休地の有効活用になると思います。

 小松基地のイメージの強い小松空港が四季の花で囲まれてカップルのデートや若者のバイクツーリングのコースとして立ち寄ってくれるような空間になればと思います。


 以下にイメージ写真を掲載しますが、これが小松市や小松空港のイメージ写真ならうっとりするのは私だけじゃないと思います。

Re: 小松空港周辺にひまわり畑などの花園を - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:54:57

小松市の大麦畑

Re: 小松空港周辺にひまわり畑などの花園を - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:43:22

小松市日末町の大麦畑

Re: 小松空港周辺にひまわり畑などの花園を - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:41:51

小松市日末町 大麦畑の夕日と台湾エバー航空機

Re: 小松空港周辺にひまわり畑などの花園を - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:38:51

浮柳大橋と前川とカーゴルックス

Re: 小松空港周辺にひまわり畑などの花園を - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:36:29

小松市
カブッキーと弁慶とカーゴルックス

小松市の麦畑と飛行機 - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:34:38

小松市日末町の大麦畑に下りてくるカーゴルックス

写真その2 - わかすぎ

2015/07/05 (Sun) 05:29:11

コスモス畑に着陸してくる飛行機

「次は北陸新幹線で白山に行ってみたい」 - わかすぎ

2015/05/07 (Thu) 03:20:48


 連休が終わった。

 テレビニュース見ていたら観光客が「次回は白山方面に足を伸ばしてみたい」と言っていた。



 金沢の次は能登、その次は白山と、やはり北陸新幹線は手ごろに旅気分を楽しめるということで、石川県へのリピーターが増えていると私は思っている。

 南には小松空港があるから、金沢からずっと南下して福井にまで行っても、帰りは小松空港からでも帰れるという安心感。

 白山ろくにいくと美味しいそば店があるし、信州とは違った風景、スーパー林道を越えて白川郷などまだまだ石川を堪能できるプランがある。


 金沢~白山スーパー林道~白川郷 今年の秋はこのコースが人気となりそうだし、

 小松空港を利用したコースやプランでまだまだ南加賀への集客は増やせる。

 
  私は小松市民として現状で一番分かりやすい観光施設は小松空港と航空プラザだと思うし、テーマパークとか、観覧車のある遊園地のような施設も隣接していればさらに集客が見込めると思っている。

  小松空港周辺は飛行機という分かりやすい観光資源があり、白山もきれいに見える。

  どうせなら前川の水を引き入れた堤をつくってミニ今江潟を復活させて木場潟に次ぐ白山展望池を作るのもありだと思う。

Re: 「次は北陸新幹線で白山に行ってみたい」 - 朝鮮人

2015/05/26 (Tue) 04:11:42

小松は高麗津!! 朝鮮起源ニダァ!

Re: Re: 「次は北陸新幹線で白山に行ってみたい」 - ブヒ

2015/05/25 (Mon) 02:33:39

キムッ沢~!!
くやしいのぅ~wwくやしいのぅ~ww

情けないのぅ~ww

惨めやのぅ~ww

哀れやのぅ~~ぅぅwww


キム乞食奴隷やさけえW W W

Re: 「次は北陸新幹線で白山に行ってみたい」 - 朝鮮人

2015/05/13 (Wed) 03:57:45

謝罪ニダァ!

Re: 「次は北陸新幹線で白山に行ってみたい」 - ブヒ

2015/05/12 (Tue) 16:20:08

爆サイ荒らさないでくださいね~(笑)

創業80年以上の小松市の大衆食堂 - 在郷Bros

2015/05/04 (Mon) 02:37:05

 「八起食堂 やおきしょくどう」


 昭和初期に尾小屋町二ツ屋でうどんの製麺をして尾小屋鉱山に食堂用の麺を納入。

 戦後、木曽町で「八起食堂」として現在に至る。

「小松うどん」には参加していないのは、先代から続く看板への誇りがあるためと勝手に思っています。

 「小松」というのは「旧小松町」を指す地名であり、かつての西尾村にアイデンティティを持つ人が無条件で「小松」を受け入れないことは理解できる。

 
  もともとは戦国時代に大聖寺から尾小屋に逃れてきた侍二人が尾小屋に住み着き「尾小屋二ツ屋」という集落名となった。その侍の一人がこの食堂の先祖であり、尾小屋に会った土蔵を解体したときに甲冑や槍が出てきたということでした。

  ディープな大衆食堂ですが、全国一律の味、チェーン店が当たり前のファミレス、焼肉食べ放題、回転寿司というインスタントな時代に取り残されたような「昭和の大衆食堂」の素朴な空間と、懐かしい味でした。

  映画やドラマのロケにでも使えそうな小松市の大衆食堂シリーズをHPでまとめていきたいと考えています。

海軍小松基地の戦争遺跡に住む人 - 在郷Bros

2015/05/04 (Mon) 02:30:15


 かつての海軍小松航空基地の兵舎跡には今なおコンクリート製の構造物がいくつか残っていますが、

 戦後、兵舎跡地の土地を払い下げて購入した住民の中には施設をそのまま利用している人がいます。


  戦後70年経った今でも海軍施設の内部を改装して住居として利用している方がいましたので紹介します。

 外観は70年の歳月を感じさせるコンクリート製の「戦争遺跡」ですが内部はジャズ喫茶のようなおしゃれな空間でした。

 このミスマッチ感と時代の落差がツボです。

外部の写真 - 在郷Bros

2015/05/04 (Mon) 02:31:16


 この掲示板は画像を一枚しか掲載できないので二枚目です。

 外観写真です。

小松空港展望デッキ、全面改装オープン - わかすぎ

2015/03/08 (Sun) 05:32:05


 小松空港の3階にある展望デッキ。

 3年前から一眼レフカメラと望遠レンズをもって日参し、どんな魅力があるのか探ってきました。

 小松市という関東や関西から見ればへんぴな田舎にある小松空港、安っぽいイメージですが、小松空港を知るファンには、小松は特別な場所、という認識で一年に一度は小松詣、つまり小松基地航空祭に行く特別な空港です。

  私の結論は、小松空港がどんな施設なのかちゃんと理解すればすばらしい空港と分かるし、全国区で自慢できる地方空港ということです。

 本州でF-15戦闘機を見ようと思ったら、小松か、茨城県の百里基地だけです。
 何とか自衛隊の広報室にはもっと自衛隊の好感度とアピールをしてもらって小松基地に日本中の注目が集まるような活動をお願いしたいし、浜松にある広報館のサテライト施設のようなものを小松に設置してほしいと思う。
 なんだかんだと、子供は戦闘機をカッコいいと見るもんだし、戦闘機を生で見たがる。 

 私は3年前に初めて小松空港に行ったときの第一印象は、展望デッキがちょっと貧相で、金網の隙間から見学したり写真を撮影していて、地元でなければあまり利用しない施設だった。

  今回、金網を撤去して、国際空港の展望デッキと同じくワイヤー式のデッキとなり、これで目の肥えた航空ファンにも「おっ」と思わせる空間となった。

 夜景の演出とか、エレベーターの設置とかまだまだ改善の余地はあるし、そういうことは市民がどんどん意見を発信していかないと、行政サイドでは分からないと思う。

 HPの方で、そういう改善要望や提案と今後まとめていきますが、オープンした日に展望デッキに車椅子の老人のグループがいて、急な階段をやっと歩いている姿が残念だった。


 北陸新幹線開業で小松空港の危機が騒がれています。
 
 しかし、昨日、東京の中央環状線トンネルが開通し、群馬県側から羽田空港へのアクセスがずっと良くなった。東京の人にとっても都心を経由せずに羽田に簡単にいけるようになったらしい。

 羽田~小松便はインフラの整備次第でまだまだ伸びそうだし、将来的にも新幹線に完敗するとは思えない。
 
 移動時間と料金が同じなら、 鉄道が好きな人、飛行機が好きな人、あるいは高速バスや車が好きな人で移動手段は利用者の好みによって左右されることもあると思う。

北陸ファンを増やしてリピーターを掴めば小松空港の活性化も見込めると思う。

 小松市に新幹線が接続となると、ますます飛行場と新幹線とつなぐ重要な拠点となりますし、外国航空機が小松空港に来て新幹線で関西、関東、信州へと足を伸ばすいい機会となる。


 小松市には街づくり、景観を考えるときに、それが映画やグラビアにしたときに、うっとりするとか、行ってみたいと思うような画になるのか?ということです。


 印象操作といいますが、やはり首都圏の人は映像や雑誌やドラマを通じて小松のイメージを勝手につくり、それによって足を運ぶか判断をすると思うし、見た目は大事だ。


 飛行場って言うのはただの乗り場でなくておしゃれな空間、デートスポットや映画のロケ地にも使われるようなそんな特別な空間であるべきと思っていますし、

 今回、展望デッキの改装挨拶で谷本知事もそんはことを話していて、全く同感でした。


 行政がどれだけ投資をしてカッコいい施設を作っても、やっぱり地元民がどれだけそれを好きになって、利用してマメに情報を発信していくか、が一番大事なことだし、どんどん小松空港デッキに来てブログやSNSでツイートやFBに小松の写真を載せて自画自賛でも宣伝でもしていくのが何よりも大事と思ったし、それが地域振興になると思っている次第。

白山登山を考える - わかすぎ

2014/07/12 (Sat) 13:30:00

 白山を観光資源として台湾や、中国、あるいは都会からの誘客を考えるなら、砂防工事用道路にまで電気バスを走らせて、登山を2時間でできるようなことも考えるべきだ。

 現状だと、台湾や中国、関東圏の人が半日ほどかけて小松市や白山市に移動し、宿泊、翌日に登山をして山頂で宿泊、翌日に御来光を見て下山して帰宅。

 土日の週末にハードスケジュールをこなす人もいるが、それではただのピークハンターか、白山に登ったというアリバイ登山であり、楽しむというレジャーがない。

 少子高齢化社会で、減っていく登山客を増やすために、健脚でない普通の人にもの容易に登ってもらうような山として整備していくか、考えるときと思う。

 立山は、室生堂にホテルがあり、日帰りで登山もできるし、黒部ダムにもいける。

  今の登山口から、電気バスで工事用道路でもう少し上まで輸送して、登山の負担を減らし、白山登山を誰にでも楽しめるような、改善をしていくべきと考える。

Re: 白山登山を考える - 新米登山

2015/03/03 (Tue) 21:14:43

岐阜県白水湖からの登山はずっと下から頂上が見えて気持ちいいですが朝早く富山まわりでないと日帰りはきついですね、スーパー林道開門時間がおそく、頂上やお池巡りしんどくなりますね。

Re: 白山登山を考える - 朴直樹

2014/12/10 (Wed) 08:45:11

 白山ろくのカモシカが激増して、なぜか能登島まで出没して駆除しているのなら、
 当分はカモシカに気を使う必要はないんじゃないのか?


 あと、砂防ダムの工事用道路に夏の一ヶ月間、電気バスを走らせて、登山時間を30分でも短縮させることが環境破壊に繋がるとは思わない。


 つまりだ、白山に負担をかけているのは登山者数ではないか??
 登山者が増え続けている富士山の環境破壊は酷いものだ。

 電気バスを走らせて足腰の弱い中高年登山者が3時間足らずで登れるようにすることが自然破壊に繋がるとは思えないんだよ。

 小松市には電気バスが走っているが、あの静かなバスが自然を破壊するとは思えない。

 白山という歴史にあぐらをかき、1300年の白山信仰だとお高く留まっていると、本当に見向きもされなくなる時が来る。

 3000m級の山々からみると、白山など2700m程度の普通の山であり、

 白山信仰のイメージで特別な山と思っているのは地元民だけだろう。

 白山に登るくらいなら、俺は鳥取の大山とか四国の石鎚山の方がいいとおもう。観光と登山の両方が楽しめる。

 修行僧気分で白山に登って下山後、一週間足腰が痛くて仕事にならないような登山は俺は御免だ。

 白山に登るなら、二ヶ月前からスクワットして腹筋鍛えて走りこみしておかないと、体の疲労が大変なことになる。


  白山ろくに外国人や観光客を呼び込もうとしているが、なかなか難しい取り組みだろう。


  時間がないから白山までは足を伸ばさない、という観光客はたくさんいるはずだ。

Re: 白山登山を考える - 夜勤工

2014/12/10 (Wed) 02:38:59

過去15年ほどは中高年登山ブームで日本百名山のある自治体には登山客が押し寄せたはずだが、

これからもう百名山を目指す世代は減っていくだろう。

夏の間だけ、ハイブリッドバスで白山登山を今より要因にした方が、遠方からの登山客の都合がつきやすい。

する、しない、見当すらしない、は地元次第だが、10年後、20年後に白山ろくに人が来なくなってもその時に慌てても遅い。

現状の白山は低い割にはキツイ登山で、県外のリピーター登山客は立山よりいないはず。

まあどうでもいいけど。

Re: 白山登山を考える - 新米登山

2014/08/14 (Thu) 19:41:17

白山を立山みたいに観光化するのを当時のだれかが拒否して今のイヌワシもいる白山が残ってるのでは?  白山は巴御前や、木曽義仲 が白山に拝んだ歴史があるのでしょう?  白山の地下に油田があって、どこかの国みたいに働かなくてもいいようになるなら良いかもですが、一部の者が利益を得るための開発はカモシカもおこるはず。

Re: 白山登山を考える - てつや

2014/07/17 (Thu) 09:36:14


 白山を2時間で登れてしまうと、山としての重厚さがなくなるような気がしますね。


 だけども、初心者には3時間を越える登山は気力体力から厳しいし、4時間を越える登山だと遭難の確立も上がる。


 

Re: 白山登山を考える - 夜勤工

2014/07/14 (Mon) 00:06:23

白山に個室と宿泊施設を作ったことで、それまで白山登山に興味のなかった人たちを振り向かせる機会となったと思うが、電気バスを利用すれば平均登山時間が2時間30分、ということも可能になれば、日帰りと宿泊の選択肢が増えて利用客も増える。

北陸新幹線開業で金沢だけでなく、石川県の山、白山ろくにも訪客を増やそうと考えるなら、少しでもキツイ、しんどい、山小屋のトイレが施設が汚いといったマイナス要素を減らしていくことも行政の仕事の一環と思います。

ミニ今江潟の復活を - わかすぎ

2014/07/27 (Sun) 03:23:19

結果論として、今江潟を埋め立てずに残しておくべきだったと思います。


小松基地騒音で立ち退きや補償問題で今もくすぶり続けている中、今江潟をそのまま残しておけば、今となれば立派な観光地として集客力があったし、農家の爆音被害も少しは抑えられたのではないか?

 これから人口減少と農家の減少が始まりますが、小松基地周辺の爆音農地を国が買い上げるような補償もしているようだし、高齢化した農家が離農していく過程で、基地周辺の田んぼを手放す農家が増えて、それが国有地として増えたならば、白山の見える小さな湖沼を小松基地正門付近に作って、前川の水を引き込んで公園を整備してもらいたい。


 今江潟の湖面から見る白山と木場潟から見る白山の見比べしてみたかったが、今江潟から写した白山の写真ってのはあるのだろうか?
 

白山って どうんな山なんか? なんで誰も知らんがけ? - 土曜日も夜勤工

2014/07/27 (Sun) 02:16:14

 石川県の山は白山。


 白山って有名とかいうけど、どんな山なんか?


 日本三名山で、富士山、立山、白山ですばらしい山です、というけど、


 登山を趣味にする人なら、白山は中堅クラスの山ぐらいの認識。

 北穂高~奥穂高の縦走とか、水晶岳とか笠ヶ岳、鳥取の伯耆富士である大山とか、白山なんかよりもずっと重厚でオーラのあるわくわくして登りたくなる山が日本中にある。

 白山のブランドイメージ戦略のなさがそうさせてしまったと考える。白山信仰とう伝統にあぐらをかいているんじゃないか?
 


  新田次郎の小説「槍ヶ岳開山」のようなイメージで「白山開山」という原作を脚本家に書いてもらって「利家とまつ」のようなフィクションでドラマ化をしようとかそんな機運がこれまでなかったのも、白山に対する地元の熱意のなさ、で切り捨てることができる。
 そしてこんな状態で白山の世界遺産登録運動を行政や企業家がし始めている。
 
 その辺の市議や小松市職員を捕まえて白山の魅力って何?と聞いて即答ができるかも疑問だし、

 
小松市政は何をしてよいか分からないから、とりあえずは「フローラル小松」というスローガンでお花をみんなで植えましょう、小松市をお花でいっぱいにしましょうとかワケの分からないことをしている始末。

 那谷寺と粟津温泉の創設、そして白山開山からやがて1300年を迎えるが、小松市は市内をお花でいっぱいにして木場潟を盛り上げましょう、という馬鹿の権現信仰のようなことしかできないのがイラつく。


  航空自衛隊を舞台にした民放の恋愛ドラマで去年の航空際は大賑わいだったように、白山も福井県で生まれた青年が修行僧となって泰澄として、憧れの白山を開山するというドラマで白山の認知度を上げるべきだ。
 
 ちなみに、泰澄というのは実在しなかった、そんなような修行僧がいたのを脚色して「泰澄伝」にしたということから、ドラマにするなら何でもありのフィクションも可能だろう。


 敬具

無題 - 夜勤工

2014/07/07 (Mon) 07:24:13


 毎回欠かさずにお茶の間ガイドを聞く人と、「どうせ大したこと言っていない、長い」と聞かなくなった人もいることだろう。


 警察や消防からたまに緊急情報が入ってくるが、最近は老人の行方不明とかが多い。

 あと、去年の豪雨で防災情報が流れたが、ああいうのに使うのはいいとしても、お茶の間ガイドは携帯やスマホの時代にはやかましいだけ。

 

Re: 無題 - わかすぎ

2014/07/10 (Thu) 08:18:52

「小松市の有線放送制度」

 
自衛隊からの助成金で、小松市内の全世帯にスピーカーを設置して、小松市からのアナウンスや、それぞれの町内会でのアナウンスに利用される。


 メリットとしては、町内会に事務局をおいておき、たとえば町内清掃の事前連絡をマイク一本で周知徹底させることができる、など。

 これが設置されたのは、世の中がまだ黒いダイヤル式電話で、公衆電話も赤色のダイヤル式、携帯電話は自動車で使う車載電話が出始めた頃のような記憶で、小松基地ではファントムがやたらスクランブルをしている小松基地の爆音最盛期。

 やかましいから、有線放送制度を作って強制的に情報を聞かせるようなことを考えたのだろう。


 お茶の間ガイド、という小松市の放送はたしか、北市長の頃に始まったような気がするが、仕事をしない公務員が社会問題となって叩かれ始めたころに、小松市職員が仕事をしていることをアピールするためにはじめた制度のように思ったもんだ。

 当時は珍しかったが、いまはブログやFB、ツイッターにメールなど、情報を得るためのツールはみんな持っている。


 本当に重要な情報だけを流すような使い方に舵を切ってもらいたい。

Re: 無題 - 焼入れ工

2014/07/10 (Thu) 03:16:46


 小松市役所が全世帯に有線放送の設置を義務つけてはや40年ほどの歳月が流れたが、

 こんどは、有線放送を無線にしていくから各世帯で切り替えしていくぞ、と町内会から通達があった。


 聞くに値しないようなどうでもいい情報を強制的に聞かせる小松市自慢の制度、そろそろ市民は苦情をいうべきときだ。

 みんな我慢してるんだよ。お茶の間ガイドやめろ!
  

 

お茶の間ガイドやかましい - 小松市ツッコミ隊

2014/07/05 (Sat) 08:05:14

 コマツ粟津など朝5時まで夜勤をして、7時に寝付く労働者にとって、小松市お茶の間ガイドはやかましいだろう。

 町内放送が流れた後に、小松市お茶の間ガイドが5分ぐらい流れるからたまったもんじゃない。町内会と市役所と合わせて10分ぐらいダラダラと放送が流れている。

 小松市役所のような、夜勤のない土日完全週休二日制のような職場だけが小松市に存在しているわけじゃない。看護婦や夜勤工、タクシードライバーに飲食店員、警察官だって夜中仕事している。

 よって、有線放送のボリュームを消している、という夜勤労働者がいるが、夜勤明けに帰ってすぐに寝て、午後から公民館行事の事前準備とかしている連中にとっては仮眠の邪魔。
つまらない情報をダラダラト聞かせるな、眠れないわけよ。

 それから、今先ほども、小松市お茶の間ガイドがダラダラと何か言っていたが、一つ聞こえて思ったのは、

 「熊を見かけたら通報してくだいさい」という無意味な情報を押し付けているのがムカついた。そんなこと当たり前だろ、バカだろ。例えば強盗を見かけたら通報してくれとイチイチ警察がいうかよ?火事を見かけたら通報してくれと消防が言うかよ?
無駄に口数だけが多い、小松市お茶の間ガイド。

 大した情報でもないことを、無理して毎週垂れ流す必要などないだろうが!

 「例年この時期、熊が出没します。山や緑のあるところにいく場合は、熊よけ鈴を携行したり、ラジオを鳴らすなどして歩いてください。」とう熊よけの予防をいうべきだろうがよ。

 天気予報ってのは、梅雨全線があるので、傘を忘れずに、突然の雷雨や大雨にも注意、と予報するが、小松市の場合は、熊を見かけたら通報してくださいだけ。

「鈴やラジオを持ち歩きましょう。」という言葉が出てこない。

 これが小松市政。そういう気遣いのできないところが「公務員のお仕事」といつもムカつく。

Re: お茶の間ガイドやかましい - たつよし

2014/07/06 (Sun) 22:08:00

毎週イベント情報ばかりで、
本当に伝えるべき情報が伝わってないような気がする。

Re: お茶の間ガイドやかましい - 白江町民

2014/07/05 (Sat) 15:05:38

確かに、熊除け鈴を鳴らして歩いていて、里山で熊と遭遇したなら警戒すべきやね。

日末町民100人小松基地に乱入!! - パク・ヨンホー

2014/06/24 (Tue) 22:41:56

昭和36年8月23日、日末町民100人が耕運機で小松基地に乱入し、取っ組み合いとなる。

和田市長が駆け付けて仲裁。

防衛庁の地元をなめ腐った態度に大人しい小松市民が蜂起した模様。

Re: 日末町民100人小松基地に乱入!! - カツオ

2014/06/30 (Mon) 15:32:23


 今は農協が権力を持っておるが、農政の助成金でブクブクに太り、

 一方、中小零細企業は低賃金正社員でも成り立たないから、派遣社員が日本の製造業を支えている一方、農家には所得保障。農家を生活保護者にしているような制度はなぜか赦されて、零細企業で契約、派遣で働く超低賃金の労働者、若者世代は「自業自得」のレッテル。

いびつな日本社会であるが、いえることは、日本の農協システムが貿易交渉の障壁となっていることだ。
  

Re: 日末町民100人小松基地に乱入!! - タツヨシ

2014/06/30 (Mon) 15:20:37

 「最後はお金」これは当たり前の話だけど、土地の代金の支払いが期日までに実施されなくて地主たちが激怒したらしい。

 昭和30年代は、小松市民の多くはまだ農業に従事している時代であり、食糧難で飢えからようやく開放されつつある時代。
 生計を立てている貴重な農地を手放す農家の心情を今の感覚で理解しようとするとよく分からない。 

 昭和36年(1961年)8月25日、地元の日末町民が激昂して農耕機に乗って小松基地に乱入した、という事実を当時の北国新聞で再確認してみるのも面白い。
 
 

言い伝え、口伝で残る、古代小松 - 小松だよ!郷土史勉強会

2014/06/23 (Mon) 10:30:56

 那谷町には一向一揆以前の歴史がたくさん残っているはずで、町史を読むと畑から仏像が出てきて家宝にしているとか、山のなかの巨岩の下から遺物を見つけてきたとか、いろいろなことが書いてある。

 役行山とか、役行岩などの伝承もあり、付近には立派な滝があったり、あるいは古代の山城跡も残る。

 それらの存在を裏付けるように馬場や馬谷などの地名もある。

 なぜ、史料としてそれらのことが残っていないのか?という疑問に明治時代の廃仏毀釈や神仏分離令などでことごとく破壊されたか捨てられたり、

 一向一揆時代に、それ以前の信仰を全部処分したり、破壊して浄土真宗一色にしてしまったためなどが考えられる。

  少なくとも1000年以上前から小松市には製鉄や仏教、密教などの文化があり、白山信仰としての禅定道もあったのは間違いないが、それを裏付ける史料はなく、発掘調査でたぶんそうだろうというようなものが見つかっている程度。

  紙という形でなくて、言い伝えや地名として先祖代々残してきたようなことも、戦後の山村集楽の壊滅によって伝承が途切れた。

 戦後団塊世代は生まれ育った土地の伝承を放棄して消費を謳歌し、アイデンティティを消滅させた世代と言ってもいいと思うし、その子らの世代、つまり今の若い世代は、廃村や古道、戦争遺跡などインターネットでたくさんのサイトがあり、その人気を見れば郷土史に興味がないわけでもないことが分かる。


 昭和40年代頃に小松市に大杉や那谷、新丸村など多くの村が編入合併する時に、村史を残してくれたので、それらから古代の小松を掘り起こすことは可能だが、それでも概略のようなものであり、山村の暮らしがどんなものだったのかというリアルなイメージは伝わってこないのが残念。

  小松の山の尾根や古道にかつて仏像が並んでいたらしいがぞれを埋めて隠したとか、里に降ろしてきて安置したとかそんな話しは書かれておらず、それが小松市における白山禅定道の話を難解にしている。

  那谷寺から、大杉町、新丸村から白峰を越えて白山に登ったというのはそれぞれの集落という点では「峠や山」の伝承として言い伝えられているから、点と点を結べば、白峰村、つまり白山の方向に繋がっているし、その先にあるのは白山登山道。

 

 難解でとっつきにくい小松の郷土史。

三昧(さんまい)=火葬場 - 小松だよ!郷土史勉強会

2014/06/19 (Thu) 14:34:07


 三昧(さんまい)とは昔の火葬場。

 山の谷あいとか一目のつきにくいところで、火葬する。

 火葬御方法は、今と違って、丸くて大きな桶、その名のとおりの棺桶を置いて、その周りに燃えやすい炭や薪を大量に積み上げて火をつける。

 派手にやりすぎると骨が灰になってしまうので、火加減するために何度か見に来る。

 骨がちゃんと残るようにして薪をくべる。

 そうやって自分の親や子との今生の別れをしてきた。

 小松市内の町内会には、三昧、三昧谷などと呼ばれる場所が必ずある。

 人里からちょっと離れた山の谷筋だと、亡骸を燃やす臭いがしない。

  小松市内の三昧を色々見て歩いてきたので、だいたい火葬場のあった場所はなんとなく直感で分かるし、どこも似たような空間だった。青空が見えるが基本的には谷間に合って昼間でも薄暗い。

 

 小松基地が日末町の三昧谷にスクランブル用の施設や格納庫を建設しているらしいが、


 おいおい、大丈夫かと思って心配してみた。


 日末町はお払いをしてお地蔵様を立てたりしているのか心配になってきた。

 ちなみに、日末町は、大日ダム湖に沈んだ小原町の人たちが多数、集団移転してきた町でもあります。

小松基地設置当時のこと - 小松市民

2014/06/18 (Wed) 14:13:00

初代和田市長が小松市に小松基地の設置を決めたときの言葉です。

 『ジェット基地は戦争の基地でないんじやさかい、神雷特攻隊の二の舞いは決してござらんと確信しとりまするし、絶対に神雷にさせてはいかんのでありまする。防衛が本務でありまして、攻めていく機関では毛頭ないことを断言しときまする。基地ァ立派な観光資源のひとつといたしまして、日本中の皆さんに喜んで見学してもらえるように開放する、安心できる基地でござりまする。』

 つまり、小松基地は観光資源として、日本中から多くの人に見てもらうこと、それから、戦争の出撃基地としないこと、つまり「反戦の小松基地」であること。

 
 戦時中に小松飛行場が建設されて、神雷部隊という特攻隊がいたが、残念ながらそういう話を今のバブリーな団塊、年金暮らしの世代の多くは知らないし、当然、その子らの若い世代は小松市に特攻隊がいたことすら知らない。

  小松基地の設置を巡って小松市では大反対運動が起きたが、「金目でしょ?」という陳腐な次元でなくて、今江町や串町、安宅町に下宿していた特攻隊隊員の悲しい思い出をトラウマとして持つ小松市民の反戦の強烈な願いからの基地反対運動だったのは間違いない。

  どこかの自治体にゴネまくられて、つい政治家が「金目か」といいたくなる気持ちも分かる。

 小松市と小松基地の関係は金目で決まったんじゃないということだけは肝に銘じておくべきだ。


 くどいようだが、観光資源として、反戦の基地としての小松基地でなくなるとき、小松から出て行くべきだろう。
 

謎の古道 - 小松だよ!現地調査班長

2014/06/16 (Mon) 13:27:27

 小松市山間部の山には古道が縦横にあるのはまちがいない。明治時代に測量された地図を見れば、白峰村や福井県の勝山に行く道が多数書かれている。

  春先から5月までの山は雪で押しつぶされた草木がまだ生えておらずに、よって古道は見つけやすく歩きやすい。

 この春、小松市池城町~旧鳥越村五十谷へとぬける古道を歩いたが、この古道は、大規模に掘削された道で尾根伝いに堀のような深い登山道が続く。

 まるで、塹壕のような道。


 昭和初期には騎馬部隊が演習で、五十谷から池城町へと歩く行軍訓練が行われ、池城町側と五重谷町側の古老に聞き取り調査をした結果、内容が一致。

 騎兵は決して馬から下りてはならないという訓練で山越えをした。


 今はこの道は国土地理院の地図にすら残されていないが、明治期の地図にはちゃんと書かれており、途中で観音下町にまで伸びている。

 これをさらに時代を遡って考えると、観音下町には観音下城(波佐羅砦)があり、池城町には、池城城跡がある。

 そして松岡町には松岡寺があり、一向一揆時代の100年間で大規模な軍事的なインフラ整備が行われたと推測。

 松岡町の墓地付近には松岡寺があり、ここの谷から、五十谷へと抜けていたという話を聞いた。また松岡寺跡の裏山はには階段のような大規模な段差があり、戦後に植林をするまえにははっきりとその階段が分かる。地元の人は「雪崩防止の雪止め跡」というが、これは城址としての『切り岸』と見るならば、松岡寺も有事には裏山に立て籠もったと考えてみるのも面白い。


 池城町から五十谷へとつづく区間を歩くと、尾根の上でなくて、塹壕の中を歩くような感覚で、途中で「蓮如の腰掛」といわれる大きな岩屋がある。


 池城町のズルハ山は間違いなく池城跡だろうし、そこから五十谷や観音下へと抜ける塹壕のような道も意味があって人為的に土木工事がなされたなら、郷土史愛好家には非常に興味のそそる古道である。

 鳥越村史には「ゴソゴソ越え」とあるが、小松市側には記載はなく、地元の古老も「五十谷から蓮如さんが越えてきた道」「五十谷から原町へ嫁にいって孫が出来たときに、みんながコロコロ餅を作って原町に行くときに越えてきた、池城町の山から原に行くときに、途中で分岐するから左に行きなさいと言った」という。

 小松市史とか西尾村史などにすら記載のない謎の大規模古道。

 http://komatsu923history.web.fc2.com/page158.html

 以上は、自分に対する備忘録である。私生活とサラリーマンとしての本業が忙しくてすぐに忘れてしまうからここに書いおく。
 
 

人生は走馬灯のように過ぎる - わかすぎ

2014/06/14 (Sat) 21:38:25

 春先から精力的に小松市の山間部の古老たちに昔話を聞き歩いている。

 今まではいつでも聞けると思って私生活を優先させていたが、もう今年が限界と思って図書館に行って町史を読み漁り、疑問点を書き止めておいて地元の古老に聞き取り調査などをしている。

 とういのは、ここ2,3年で昔のことを知る世代がどんどんいなくなっているからである。当たり前にどこにでもいた大正生まれがどんどんいなくなっているのである。
 死去、あるいは病院や施設に入った、などで昭和初期の話など彼らが子供の頃の昔話を聞こうと思ってもなかなかいない。
2006年ごろなら、戦争に行った人が普通に田んぼにいたり、畑の老婆も大正生まれだったし、そのうちちゃんと調べようと思っていたのだが、気付けば私の近所から大正生まれがいなくなったし、同様に小松市内一円から大正生まれが減っているはずだ。


 そんな中で今年これまで話した古老で印象的だったことを書くと、

 松岡町では92歳の古老が「わしは今年で92歳やけど、まだ70歳ぐらいの感覚で、自分が92歳とは思えない」。この方、廃村となった光谷町の武家の家を移築して住んで、その次にダム湖に沈んだ小原町の古民家を買って移築した。解体した家屋を五百峠を越えて松岡町に運び込んで現在に至る。

  自分も運よく長生きできれば、おそらく、90歳になっても気持ちとしては30歳のままで「小松だよ!60周年記念!\(^o^)/」みたいにしてHPを続けているかもしれない。


 それから、勘定峠で茶屋をしていたばあ様も大正生まれの古老で、去年、生き字引だった近所のお寺の94歳のお坊様が亡くなられて今は、このばあ様だけが地元の昔話を知っている唯一の人となった。

勘定峠の今昔話を聞かせてもらって、「今話したことは、ウソ偽りのない、私の見たこと聞いたことです」といって話を締めくくったのが印象的だった。江指町にあったお寺がなくなって史料のようなものが存在しないこと、あとは自分以外にはもう過去を語れる人がないという思いから、いろいろ思い出して話してくれた。

 勘定峠に7世帯ほどの家があって、御茶屋をしていた。
当時は馬車は高いから、山間部で薪を作っていた人たちは夫婦で荷車を押して小松町まで売りに行った。
 当時はゴムでなくて鉄の車輪で凸凹の段差を乗り越えるような悪路は苦労した。

 凸凹の勘定峠を越えるときに、人力で荷車を引いて歩くのは相当の労力が必要だったので、峠の茶屋は荷車を一回2銭で押す手伝いもしていた。

2銭もあれば当時は飴玉が3個変えた。当時の飴玉ってのは今なら缶コーヒーぐらいの感覚か。

 ゴムタイヤは砂利道でも楽に押せるが、鉄輪はそうでないから凸凹の坂道を引いて歩くのは大変。
 勘定峠のお茶屋さんでは、一日あたりに、10人ぐらいの荷車を押してあげたということだ。

 大杉村から薪を積んで夫婦で荷車を押してきている人は、赤瀬あたりで一度荷車を置いて家に帰り、翌日にまた、荷車を押して勘定峠を越える。
 
 薪は得意客がいなくても、八幡や本折付近まで荷車を押していくと飛ぶように売れたということだ。

 古老たちと話すと、この方たちも若い頃があって恋愛を楽しみ結婚をし人生の甘いも酸いも何度も経験してきたのであり、

 一言一言の言葉に重みがあるし、92歳の古老と話すと「人生ってあっという間に終幕を迎える」というのとひしひしと感じる。




Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.